近頃はテレビを見る機会が減り、
YouTubeで好きなチャンネルを見つけて
楽しむことが多くなってきました。
私の最近のお気に入りは、
「KENKEN IN THE WORLD」という
YouTubeチャンネルです。

KENKENさんという日本人の方が
フランスで味噌麹屋に挑戦する傍ら、
週末にマルシェでお好み焼きや日替わり弁当、
みそや大福などを販売されていて、
その様子をお店側の視点で見ることができます。


時間さえあれば、
ずーっと見ていられるのですが、
何がそんなに惹かれるのかというと、
海外にある市場の
活気あふれる楽しい雰囲気を
リアルに感じられるからでしょうか。
スタッフさんがてきぱきと料理を作り、
接客をする様子を見ているだけで楽しく、
パワーをもらえる気がします。

KENKENさんをはじめ、スタッフのみなさんが
朗らかな雰囲気なのも魅力の一つです。
お客さんへのやさしい話しかけや接し方、
KENKENさんの楽しそうな笑い声など、
その空気感がとても好きで、
ずっと見ていられます。


料理には、現地の食材や
オーガニック野菜などが使われていて
どれもとても美味しそう。
日替わり弁当は「今日は何かな?」と
いつも興味津々です。

お好み焼きなどの日本の食べ物は
フランスではどんなふうに
受け入れられているのだろうと
思っていたのですが、
いつもお客さんでにぎわっていて、
定期的に買いに来る常連さんもいるほどなので
KENKENさんのお店の料理は
それほど美味しいのだろうということが
よくわかります。
一緒に販売している手作り味噌や
大福餅も人気でよく売れています。
日本の美味しさをフランスの人にも
共有できるのは日本人としてうれしく思います。


ひとつ、興味深かったのが、
タッパーを持参されるお客様が多いこと。
日替わり弁当やお好み焼きを
持参のタッパーに入れてもらうのが
定着しているようで
ゴミが出なくていいなと思いました。
日本でもいつか定着する時が来るのでしょうか。

なかなか海外に行けない昨今、
こうしてYouTubeで活気にあふれた、
海外の雰囲気を味わえるのはいいですね。
元気が出てきます。

今回は、個人的に大好きな
YouTubeチャンネルをご紹介しました。
ではまた!


▼KENKEN IN THE WORLDはこちら

https://www.youtube.com/c/KENKENINTHEWORLD




この記事を書いた人

 ハト(ハシュケ店長)

幼いころからインテリアに深い関心を持つ。グラフィックデザインの仕事を経て結婚。居心地の良いおうちづくりを追及するうちに、好きなインテリア雑貨の仕事に携わりたいと、ハシュケをOPEN。おうち大好き。一度買ったら、かなり物持ちするタイプ。

  1. 田口 より:

    キャベツ スライサー ヤフオクに乗っています

  2. ピュンピュン丸 より:

    毎日、楽しく拝見しております。
    お好み焼きや焼きそばやアイスクリームなど美味しそうですね。
    外国の人達は、温かい内に食べ無いようですね。
    次の日とか冷めてからとか食べるみたいですね。
    自然体的で、何時も見ています。
    綺麗なキャビンアテンダント風の奥様は、この頃見かけませね。

    これからも拝見させて頂きます。
    奥さんの風邪大丈夫ですか?
    お体に気をつけてください。

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA


お買いもの