お気に⼊りのリネンを⻑く使っていただくために、リネンのお取り扱いについて詳しくご説明します。リネンの特徴を知って、上⼿に⻑くご愛⽤ください。

お洗濯について

洗濯機で⼿軽にお洗濯いただけます。⻑く使いたいウェアやストールなどは、洗濯ネットをご使⽤の上、40度以下の⽔かぬるま湯で、おしゃれ着洗い⽤の洗剤でお洗濯するのがおすすめです。なお、漂⽩剤や蛍光増泊剤は、変⾊および⽣地を傷める原因となりますのでお控えください。濃い⾊の商品などは、単独でのお洗濯をお願いいたします。
※ 洗濯⽅法は製品により異なるため、洗濯表⽰を必ずご確認ください。

生地をいためにくいおすすめの洗剤はこちら

⼲し⽅・しまい⽅について

脱⽔は短めに。形を整えてシワを伸ばして⼲すと、その後のアイロンがけがスムーズです。⽇焼けによる⾊褪せを防ぐために陰⼲ししてください。リネンは速乾性に優れているので、⾵通しの良いところに⼲せばあっという間に乾きます。また、保管に適しているのは乾燥していて涼しいところです。リネンは⽔分を吸ったり吐いたりする繊維なので、通気性の良くないポリ袋などに⻑期間密閉するのは避けてください。

アイロンがけについて

光沢感のあるパリッとしたリネンがお好みでしたら、アイロンがけをしていただき、⾃然な⾵合いやシワ感がお好みの場合は、そのままでもお使いいただけます。アイロンをかける際は、半乾きの状態でかけるとリネン特有の張りと光沢感のある仕上がりになります。但し、アイロンがけは⾊むらの原因にもなりますので、当て布をしていただき、中温程度でかけていただくことをおすすめいたします。

⾊の濃淡について

天然素材の⿇は、⽣産したときの天候、⽇照時間、収穫時期によって⾊が若⼲違います。特に、フラックス⾊の⽣地(漂⽩や脱⾊、染⾊をまったくしていない⾃然本来のナチュラルな⾊味を⼤事にしたもの)は、同じ商品でも濃淡の違いが出てきます。

⾊落ちについて

天然繊維を染⾊している性質上、濃い⾊の商品などは、⾊落ち・移染の可能性がございます。はじめの数回は必ず単独でのお洗濯をお願いいたします。⻑時間の浸⽔(濡れたままの状態)は⾊落ちや移染の原因となりますのでお避けください。お洗濯の⽅法を確認して⽣地と付き合うことが、⾊を⻑く保つ秘訣です。また、直射⽇光に弱く⾊褪せしやすいため、陰⼲しください。

ネップについて

⽣地の表⾯に繊維が絡み合ってできた⽷の節が⽣地の表⾯出たものをネップといいます。ダマ状やスジ状だったりするのですが、⽬⽴つ場合は、縫い針など先のとがったものを使って⽣地の裏側に押し込むと⽬⽴たなくなります。

(記事参照元:lino e lina)

lino e lina | リーノ・エ・リーナ アイテム一覧

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

お買いもの