KAY BOJESEN DENMARK│カイ・ボイスン・デンマーク モンキーS(チーク)

販売価格 24,750円(税込)
購入数

先に楽天にログインしていただくとポイント保有数が表示されます。

巨匠カイ・ボイスンの木製フィギュア「モンキー」

デンマークの巨匠、カイ・ボイスンが1951年に発表して以来、
今も世界中の人々に愛されている、おサルさんの木製フィギュアです。
一度見たら忘れられない個性的なデザインで、愛嬌たっぷりの表情と天然木のやさしいぬくもりに癒されます。

元々は、子ども用家具の見本市のためにフックの製作依頼を受けたカイ・ボイスンが、
ハンガーに手の届かない小さな子どもでも物をかけられるよう、
大人用のハンガーにぶら下げて使えるフックとしてデザインしたもので、
現在では、お子様用の木のおもちゃとして、またインテリアのオブジェとしてとても人気があります。

頭・肩・股・手首・足首など全9カ所が自由自在に動くようになっていて、
立ったり座ったり、手足を棚にひっかけて飾ったりといろんなポーズが楽しめます。
肩や股の接合部には厚みのあるゴムが使用されているので柔軟性と耐久性に優れています。
お子様には自由な発想を育みながら遊べる自然素材のおもちゃとして、大人の方には洗練されたインテリアのオブジェとして、
世代をこえて長く親しんでもらえることと思います。

木材には、濃い色のチークと明るい色のリンバが使われており、オイル仕上げとなっております。
害のないヨーロッパの安全基準をクリアしたオイルを使用しているので、お子様が口にしても安心です。
年月とともに味わい深い色合いに変化する木の風合いをお楽しみください。

こちらは2011年にRosendahl Copenhagen(ローゼンダール・コペンハーゲン)社から独立した
KAY BOJESEN DENMARK(カイ・ボイスン デンマーク)の復刻版製品です。
KAY BOJESEN(カイ・ボイスン)Monkey(サル)

KAY BOJESEN(カイ・ボイスン)Monkey(サル)

KAY BOJESEN(カイ・ボイスン)


商品詳細
メーカーKAY BOJESEN DENMARK(カイ・ボイスン デンマーク)
デザイナーKAY BOJESEN(カイ・ボイスン)
サイズ約W180×D50×H190mm(直立時)※直立で腕を上げた場合はH260mm 座高:約H138cm
重 量約190g(商品により誤差があります)
材 質色の濃い部分:チーク 色の薄い部分:リンバ 塗装:オイル仕上げ
原産国デンマーク
備 考全9カ所(首・両肩・両股関節・両手首・両足首)可動式

商品に関する注意事項

※天然木を使用しているため、木目や色に多少の個体差がありますが、木製ならではの味わいとしてお楽しみいただけましたら幸いです。
※ケバ立ちやざらつきが見られる場合がございますのでご了承ください。
※加工の際に発生した木部角の小さな欠けやへこみが見られる場合がございます。
※肩、股部分の関節には360°可動するゴムが使用されていますが、特性上何度も同じ方向に回転させたり、無理に引っ張らないようにしてください。
※頭部は引き抜くと外れる仕様になっていますので輸送中に外れてしまう場合がございますが、不良品ではございません。

○この商品は、日本国内の正規輸入代理店の検査基準を満たしたものです。
KAY BOJESEN(カイ・ボイスン)注意事項サル

時間とともに味わい深い飴色になります。              刻印がこのような場合もあります。 可動部分のゴムです。



Designer

Kay Bojesen│カイ・ボイスン

Kay Bojesen(カイ・ボイスン)
1886年デンマーク生まれ。 20歳の頃から4年間にわたりデザイン界の巨匠Georg Jensen(ジョージ・ジェンセン)のもとで働いたのち、コペンハーゲンで銀細工師としての道を歩み始めました。
1938年にデザインしたカトラリーがデンマークで大ヒットし、 1951年には木製玩具のMonkey(サル)、Elephant(ゾウ)などを発表し、“美術工芸のパイオニア”としての地位を確立。 同年にミラノの国際的なコンテストで最優秀賞に選ばれた彼のステンレスカトラリーは「グランド大賞」を受賞し世界に名を馳せ、今なお世界各国で多くの人々に愛され続けています。

Brand

KAY BOJESEN DENMARK│カイ・ボイスン・デンマーク

KAY BOJESEN DENMARK(カイ・ボイスン・デンマーク)
Kay Bojesenシリーズは、以前Rosendahl Design Group(ローゼンダール・グループ)に属する Rosendahl Copenhagen(ローゼンダール・コペンハーゲン)にて展開をしていましたが、 2011年にRosendahl Copenhagenから独立し、同グループ内の新たなブランド「Kay Bojesen Danmark」として新しく展開することになりました。
その後、カイ・ボイスンの意志を引き継ぎながら、商品化されていなかったものや隠れた名デザインを積極的に復刻しています。
また、FSC 認証の木材を使用するなど、環境に配慮した取り組みも行っています。アイコン的な存在のモンキーは、今や誰もが知る代表作。「丸みがあり、柔らかく手に持った時の心地良さを大切に」という彼のデザイン哲学のもと、今でもひとつひとつ手作業で丁寧に作られています。


カイボイスン 北欧
カイ・ボイスンシリーズはこちら

最近チェックした商品

お買いもの