KLIPPAN × mina perhonen(ミナ ペルホネン)シュニールコットンブランケット[TWO CATS]シングル(ブラウン)

販売価格 32,400円(税込)
購入数

先に楽天にログインしていただくとポイント保有数が表示されます。

ミナ ペルホネンの世界観が堪能できる、スペシャルブランケット

ミナ ペルホネンとクリッパンがコラボレーションした、
2016年春夏スペシャルコレクションのシュニールコットンブランケット「TWO CATS」です。

草むらの中からひょっこり姿をあらわし、こちらを見つめる2匹の猫。
デザイナーである皆川 明氏は、この「TWO CATS」のデザインについて
「日常に出会う偶然の喜びや小さな気づきも、
この猫たちのように気まぐれのようにやってくるものです」と語っています。
日常の中で出会う偶然の喜びや小さな気づきを大切に・・・
そんな特別な思いでつくられた、絵画のようなブランケットです。

このシリーズは、シュニールコットンに合う色を、デザイナーの皆川 明氏が自らセレクトしています。
優しいブラウンカラーは、お部屋でほっこり落ち着きたい時にもぴったりの雰囲気。
遊び心があってかわいらしい「TWO CATS」は、実際にブランケットとして使うと
グッと大人っぽい雰囲気になるという不思議な魅力があります。
ミナ ペルホネンの世界観を堪能できる特別な1枚になりそうですね。

[先行予約受付中]シュニールコットンブランケット[TWO CATS]シングル、北欧雑貨/イメージ1

年中通しておすすめ。シュニールコットンブランケットの魅力

オーガニックコットンのシュニール糸で織られたクリッパンのブランケットは
素肌に触れるとやわらかく、赤ちゃんはもちろん大人にもやさしい上質な肌触り。

春と秋の気温差があるときや、冷房で体が冷えがちなときには
高密度に織られたコットンが外気から守ってくれるだけでなく
こもった湿度を呼吸するようにコントロールしてくれるのでとても快適です。
また、驚くほど吸汗性が高いので、夏の寝具としても最適。
寝汗をたくさんかいても洗濯機で丸洗いでき、お洗濯後の風合いも変わりません。

タオルケットでは薄さや肌触りが気になったり、薄手の布団にすると洗えない、などという悩みもこれで解消。
丈夫でいつでも清潔にお使いいただけるシュニールコットンブランケットは
デザイン性と機能性を兼ね備えたこれからの新しいブランケットとして今注目されています。

出産祝いや誕生日プレゼントなどの贈り物にも最適です。

>>シュニールコットンブランケットの使い心地はコチラ

商品詳細
メーカーKLIPPAN(クリッパン)
デザイナー皆川 明(minä perhonen)
サイズ約W1400×H1800mm
素 材オーガニックコットン100%
原産国ラトビア

商品に関する注意事項

※写真の色と商品の色はPC環境により多少異って見える場合がございます。
※シュニールコットンブランケットは洗濯機で丸洗いできます。
※お洗濯により縮む場合があります。
※色によっては、汗や水分、摩擦により、色移りする場合がありますので、ご注意ください。
KLIPPAN コットンブランケット イメージ KLIPPAN ウールブランケット イメージ
mina perhonen(ミナ ペルホネン)Q&A Q:ファッション分野で様々なテキスタイルを手がけていらっしゃった皆川さんにとって
  シュニールコットンとはどんな素材ですか?
A:
シュニールコットンブランケットに使われるシュニール糸は柔らかい質感とボリュームが魅力的です。そしてそれはリビングデザインに適しているように感じます。

Q:皆川さんご自身はコットンブランケットをどんな場所、どのようにお使いになろうと
  考えていらっしゃいますか?
A:
夏のブランケットとしてのシュニールコットンは爽やかさと柔らかな質感を表現できるのでうれしいです。ブランケットとしてだけではなくピクニックなどのアウトドアのシーンでも使えるアイテムだと思います。しっかりとした質感がラグのようにも使えます。

mina perhonen(ミナ ペルホネン)プロフィール

ブランド名「ミナ ペルホネン」は、フィンランド語「minä(私)」、「perhonen(ちょうちょ)」に由来。蝶の美しい羽のような図案を軽やかに作っていきたいという願いが込められています。 minä perhonenは、国内外の生地メーカーと共に、素材や技術開発をしながらオリジナルファブリックを創り続けています。 その活動はファッションにとどまらず、フリッツ・ハンセン、クヴァドラやリバティなど家具やインテリアテキスタイルブランドとのコラボレーションで注目を浴びています。青森県立美術館や東京スカイツリー®のユニフォームデザインを手掛けたことでも話題を呼びました。 長く大切に使いたいデザインを生み出しているminä perhonenは国内外で絶大な人気を誇ります。


このページの上へ

KLIPPAN(クリッパン)の工場見学
ブランケットに使われている羊毛は、全て会長のヨスタ・マグヌッソンによって選びぬかれています。品質を選定する確かな目を持つヨスタ会長。「父からたたきこまれてきましたからね。良い羊毛を選ぶ目を手に入れるまで、長い時間がかかりましたが、今では自信があります。羊毛を買う時間は私の大好きな時間なんです。」とにっこり。ブランケットづくりを愛していることが伝わってきます。KLIPPANの工場は、スウェーデンとバルト海を挟んで向かいの、ラトビアの首都リガにあります。ウールブランケットは紡績、染色から最終製品まで一貫してこの自社工場で生産されています。


Brand

KLIPPAN|クリッパン

KLIPPAN(クリッパン)
1879年にスウェーデン南部のクリッパン村で毛糸メーカーとして設立。
1990年代にスウェーデンの人気デザイナーたちを起用し、伝統的なブランケットをモダンデザインと融合させて一躍脚光を浴びました。
モダンであたたかみのあるデザインと品質の高さを誇り、毛糸の製造から製品まで全てを自社工場で生産しています。
現在ではブランケットに加え、ストール、テーブルクロス、エプロン、バッグなど幅広い製品を手がけるスウェーデンの人気ブランドです。


このページの上へ

最近チェックした商品

お買いもの